「人と機械とのインタラクションおよびBMI応用」研究グループ

  • HOME »
  • »
  • 「人と機械とのインタラクションおよびBMI応用」研究グループ

2016年度

査読付きジャーナル論文
  1. Y. Asaka, K. Watanuki, L. Hou: The Trend in the Frontal Area Activity Shift with Embodied Knowledge Acquisition during limitation Learning of Assembly Work, Lecture Notes in Computer Science, New Frontiers in Artificial Intelligence, Springer, (2016), pp.419-433. (Accepted)
  2. 陳献平, 綿貫啓一, 楓和憲, 大谷成子: タッチパネル用ジェスチャ型日本語入力インターフェイスの構築, 設計工学, (2016). (採択済)
  3. S. Fang, K. Muramatsu, T. Matsui: A Computational Model Simulating the Mental Function of Multicolor Aesthetic Evaluation, Color Research & Application (2016). (採択済)
  4. E. Tanaka, K. Nakajima, K. Okabe, H. Takebe, K. Nagamura, K. Ikejo, S. Hashimura, K. Muramatsu, K. Watanuki, R. Nemoto: Easy Set-up and In Situ Automatic Gear Diagnostic System Only Using Laser Reflection, Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing, (2016).(採択済)
査読付き国際会議論文
  1. E. Tanaka, K. Muramatsu, K. Watanuki, S. Saegusa, L. Yuge: Development of a Walking Assistance Apparatus for Gait Training and Promotion of Exercise, ICRA 2016, (2016).
  2. E. Tanaka, Y. Osawa, K. Muramatsu, K. Watanuki, S. Saegusa, L. Yuge: Study of RE-Gait® as the Device that Promotes Walking using a Two-Dimensional Emotion Map, Romansy 2016, (2016).
  3. K. Watanuki, L. Hou: Analysis of Brain Activity during Change of Indoor Thermal Environment, AHFE 2016, (2016).(採択済)
  4. E. Tanaka, K. Muramatsu, Y.Osawa, S.Saegusa, L. Yuge, K. Watanuki: A Walking Promotion Method using the Tuning of a Beat Sound Based on a Two-Dimensional Emotion Map, AHFE 2016, (2016).(採択済)
  5. K. Muramatsu, E. Tanaka, K. Watanuki: Preliminary study of ontological descriptions of emotions in using motion assistance apparatus, AHFE 2016, (2016).(採択済)
  6. E. Tanaka, Y.Osawa, K. Muramatsu, K. Watanuki, S.Saegusa, L. Yuge: Evaluation of a Device that Promotes Walking Using a Two-Dimensional Emotion Map, WAC2016, (2016).(採択済)
  7. Y. Asaka, K.Watanuki, S. Fukuda, K. Muramatsu, K. Kaede: Human Action Modeling and Application to a Control System Using the Mahalanobis-Taguchi System, Proceedings of the ASME 2016 International Design Engineering Technical Conferences and Computers & Information in Engineering Conference (IDETC/CIE 2016), (2016), DETC2016-60021.(採択済)
  8. Y. Asaka, K.Watanuki, S. Fukuda, K. Muramatsu, L. Hou: Analysis of Brain Activiy Influenced by Replication Accuracy in Imitation Learning for Manufacturing Industries, Proceedings of the ASME 2016 International Design Engineering Technical Conferences and Computers & Information in Engineering Conference (IDETC/CIE 2016), (2016), DETC2016-60452.(採択済)
  9. E. Tanaka, K. Muramatsu, K. Watanuki: Development of small type of a standing up assistance device for the elderly, MPT2017, (2017).(採択済)
  10. E. Tanaka, K. Muramatsu, K. Watanuki: Development of a walking assistance apparatus including a torque limiter in a gear, MPT2017, (2017).(採択済)
招待論文
  1. 三浦弘雅, 青柳宗一郎, 佐藤晴彦, 山木善規, 綿貫啓一, 松宮信之, 侯磊, 楓和憲: 自動運転車両を考慮したヘッドアップディスプレイ(HUD)に対する近周辺視野を含むドライバ認知特性, カルソニックカンセイ・テクニカル・レビュー, 12, (2016), pp.60-66.
講演会発表論文
  1. 大谷成子, 綿貫啓一, 小島俊雄, 瀬渡直樹: 加工支援のための溶接ビード画像の画像解析, 日本設計工学会2016年度春季研究発表講演会, (2016).
  2. 村松慶一, 田中英一郎, 綿貫啓一: 電気部品の設計における設計行為と設計対象に関する概念記述の試み, 第16回機素潤滑設計部門講演会, 日本機械学会, (2016), B3-1.
  3. 村松慶一, 田和辻可昌, 田中英一郎, 綿貫啓一, 松居 辰則: UI設計のための人と人型エージェントの顔色に対する嗜好の比較, 日本色彩学会第47回全国大会, (2016), P-27.
  4. 村松慶一, 田中英一郎, 綿貫啓一, 松居辰則: 学習者の心的状態と生体情報に関する概念記述の試み, 第30回人工知能学会全国大会, (2016), 1C5-OS-13b-6.
  5. 田中英一郎, 中島けやき, 岡部一成, 竹辺仁, 永村和照, 池条清隆, 橋村真治, 村松慶一, 綿貫啓一, 根本良三: レーザ光を用いた歯車歯面損傷診断の実用化検討, 日本機械学会第16回機素潤滑設計部門講演会, (2016), B4-4.
  6. 田中英一郎, 児玉賢士, 石岡利文, 渡辺延由, 綿貫啓一: 必要時のみ発揮可能な挙上動作補助機能を内装した作業服の開発, LIFE2016, (2016).(採択済)
  7. 田中英一郎, 大澤優輔, 村松慶一, 綿貫啓一, 三枝省三, 弓削類: 歩行補助機Re-Gait(R)の開発と歩行促進手法の検討, 日本機械学会2016年度年次大会, (2016).(採択済)
  8. 大澤優輔, 田中英一郎, 村松慶一, 綿貫啓一: 二次元感情マップを用いた歩行促進・維持システムの提案と評価, 日本機械学会2016年度年次大会, (2016).(採択済)
招待講演
  1. 田中英一郎: (仮)装着型人間動作補助機の減速機について, プラスチック歯車の近未来 ― ロボット時代に求められる性能は?, 第20回講習会, 精密工学会, 2016年9月2日, (2016).
資料・解説等
  1. 綿貫啓一: バーチャルリアリティ技術を用いた技能伝承と人材育成, ボイラー研究2016年4月号, (2016), pp.4-8.
  2. 綿貫啓一: IoTによる感性認知支援技術, 埼玉大学大学院理工学研究科 理学・工学の散歩道Ⅲ, (2016), pp.156-157.
  3. 綿貫啓一: 地域に貢献する魅力的な関東支部をめざして, 日本機械学会メカトップ関東, 第119巻, 1172号付録, 日本機械学会関東支部ニュースレター, No.40, (2016), pp.1.
  4. 綿貫啓一: 埼玉大学先端産業国際ラボラトリーについて, 埼玉大学先端産業国際ラボラトリー第1回ヘルスケア・イノベーション・ワークショップ, (2016).
受賞
  1. 田中渉, 田中英一郎, 村松慶一, 綿貫啓一: 高齢者運動促進用足関節動作補助機における過負荷防止機構の開発, 関東学生会第55回学生員卒業研究発表講演会ベストプレゼンテーションアワード, (2016)
  2. 綿貫啓一, 大志茂純, 楓和憲: 日本設計工学会平成27年度武藤栄次賞優秀設計賞, (2016).

2015年度

査読付きジャーナル論文
  1. 平山健太, 綿貫啓一, 楓 和憲: NIRSを用いた水平振動時の脳賦活分析, 日本機械学会論文集, Vol. 81, No. 826, (2015), pp.14-00326.
  2. 楓和憲, 坂井田千摩, 綿貫啓一: タッチパネルおよびジャイロスコープを用いた多関節マニピュレータの無拘束遠隔操作システムの開発, 日本機械学会論文集, Vol.81, No.830, (2015), p.15-00177.
  3. 侯磊, 綿貫啓一, 外池雄亮: NIRSを用いた局所温冷刺激に対する脳賦活反応解析(冷刺激により痛覚刺激が生じた際の脳賦活反応) , 日本機械学会論文集, Vol.81, No.830, (2015), p.15-00180.
  4. E. Tanaka, K. Muramatsu, K. Watanuki, S. Saegusa, L. Yuge: Walking Assistance Apparatus Enabled for Neuro-Rehabilitation of Patients and its Effectiveness, Mechanical Engineering Letter, Vol.1, No. 15-00530, (2015).
  5. 田中英一郎,三枝省三,弓削類: 上肢動作補助機の筋活動および脳活動評価 ―筋疾患患者向けADL補助と片麻痺患者向け訓練補助への適用検討―, 計測自動制御学会論文集, Vol.51, No.5, (2015), pp.336-343.
  6. 田和辻可昌, 村松慶一, 松居辰則: 脳の機能的結合に関する定性表現を用いた人型エージェントに対する情動状態記述の試み, 人工知能学会論文誌, Vol.30, No.5, (2015), pp.626-638.
  7. 綿貫啓一, 楓和憲, 坂井田千摩, 村木武, 大志茂純: 遠隔操作型メリクロンマニピュレータの開発, 日本機械学会論文集, Vol. 82, No. 834, (2016), p.15-00272,
  8. 三浦弘雅, 青柳宗一郎, 佐藤晴彦, 山木善規, 綿貫啓一, 松宮信之, 侯磊, 楓和憲: 自動運転車両を考慮したヘッドアップディスプレイ(HUD)に対する近周辺視野を含むドライバ認知特性, 自動車技術会論文集, Vol.47, No.2, (2016), pp.509-514.
  9. K. Muramatsu, E. Tanaka, K. Watanuki, T. Matsui: Framework to Describe Constructs of Academic Emotions Using Ontological Descriptions of Statistical Models, Research and Practice in Technology Enhanced Learning, Vol.11, No.5, (2016), DOI: 10.1186/s41039-016-0029-1.
査読付き国際会議論文
  1. E. Tamura, R. Nemoto, N. Seyama, E. Tanaka: Influence of Pressure Angle on Load Carrying Capacity of Crossed Helical Gears, The 6th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology (ICMDT 2015), (2015), FR-A-2-5.
  2. E. Tanaka, R. Niwa, K. Osawa, K. Watanuki, K. Muramatsu, S. Saegusa, L. Yuge: Motion Assistance Apparatus Enabled from the Neuro-Rehabilitation of the Patients to the Promotion of Exercise for the Elderly, IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM 2015), (2015).
  3. K. Nakajima, E. Tanaka, K. Okabe, H. Takebe, K. Nagamura, K. Ikejo, S. Hashimura, K. Muramatsu, K. Watanuki, R. Nemoto: Development of the Easy Set-Up and in Situ Automatic Gear Diagnostic System using a Laser Beam, Proceedings of the ASME 2015 International Design Engineering Technical Conferences and Computers & Information in Engineering Conference (IDETC/CIE 2015), (2015), DETC2015-47252.
  4. E. Tanaka, R. Niwa, K. Osawa, K. Nakajima, K. Muramatsu, K. Watanuki, S. Sagusa, L. Yuge: Development of the Motion Assistance Apparatus for the Promotion of Exercise for the Elderly, Proceedings of the 6th International Conference on the Manufacturing, Machine Design and Tribology, No.15-204, TH-C-1-4, (2015), pp.88-89.
  5. E. Tanaka, R. Niwa, K. Nakajima, K. Muramatsu, K. Watanuki, S. Sagusa, L. Yuge: Evaluation of the Walking Assistance Apparatus for Practical Use, Proceedings of the 6th International Conference on the Manufacturing, Machine Design and Tribology, No.15-204, TH-C-2-1, (2015), pp.92-93.
  6. K. Kaede, K. Watanuki: Haptic Display using Informative Resisting Torque for Intuitive Operation with Lever, Proceedings of the 6th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics, (2015).
  7. L. Hou, K.Watanuki: Measurement of Brain Activity Using Near-Infrared Spectroscopy during Local Hot-Cold Stimulus, Proceedings of the 6th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics, (2015).
  8. K. Muramatsu, K. Kimita, T. Ishii, Y. Nemoto, E. Tanaka, K. Watanuki, T. Matsui, Y. Shimomura: Ontological Descriptions of Receiver States for Sharing Knowledge in Learning Service Design, International Design and Concurrent Engineering Conference 2015 (iDECON2015), (2015), Paper No.36.
  9. K. Watanuki, H. Shinoda, K. Muramatsu: Color Emotion under LED Light System Controlling Color Rendering Property, ASME 2015 International Mechanical Engineering Congress & Exposition (IMECE2015), (2015), IMECE2015-53795.
  10. L. Hou, K.Watanuki: Analysis of Brain Activity during Local Hot-Cold Stimulus Using Near-Infrared Spectroscopy (Analysis of Brain Activity during Hot Stimulation), Proceedings of the 2015 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, (2015), pp.1526-1531.
  11. Y. Asaka, K. Watanuki, L. Hou: The Trend in the Frontal Area Activity Shift with Embodied Knowledge Acquisitio, Second International Workshop on Skill Science, Associated with JSAI International Symposia on AI 2015 (IsAI-2015), (2015), SKL-Lec.2.
  12. T. Matsui, K. Muramatsu, K. Kojima, M. Kawashima, M. Saito: Development of the Interior Color Coordination Recommendation System of Living Space for University Student Living Alone Using Genetic Algorithm, In the Proceedings of Midterm Meeting of the International Color Association (AIC2015), (2015), pp.1019-1024.
講演会発表論文
  1. 綿貫啓一, 楓和憲, 侯磊, 村松慶一, 岡村起代之: 高大連携による研究インターンシップの教育的効果, 日本機械学会技術と社会部門講演会 (No.15-53 技術と社会の関連を巡って: 過去から未来を訪ねる), (2015), pp.39-40.
  2. 三浦弘雅, 青栁宗一郎, 佐藤晴彦, 綿貫啓一, 松宮信之, 侯磊, 楓和憲: 自動運転用情報呈示手段としてのヘッドアップディスプレイ(HUD)に対するドライバ認知特性, 自動車技術会2015年春季大会, (2015)
  3. 村松慶一, 木見田康治, 石井隆稔, 根本裕太郎, 田中英一郎, 綿貫啓一, 松居辰則, 下村芳樹: 学習サービス設計における学習状態に関する概念記述の試み, 日本機械学会2015年度年次大会講演論文集, (2015), J1210105.
  4. 淺賀裕介, 綿貫啓一: 身体知獲得過程における動作の再現性と脳賦活反応との関係, 日本機械学会 第25回設計工学・システム部門講演会, (2015), 1310.
  5. 田中英一郎, 村松慶一, 綿貫啓一, 三枝省三, 弓削類: 歩行補助機の実用化に向けた開発および評価, 日本機械学会第25回設計工学・システム部門講演会, (2015).
  6. 村松慶一, 木見田康治, 石井隆稔, 根本裕太郎, 田中英一郎, 綿貫啓一, 松居辰則, 下村芳樹: 学習サービス設計における知識共有に向けた受給者の状態に関する概念記述, 日本機械学会第25回設計工学・システム部門講演会, (2015), 3304.
  7. 大谷成子, 綿貫啓一, 小島俊雄, 瀬渡直樹: 加工支援のための溶接ビード画像からの技能情報の抽出, 日本機械学会第25回設計工学・システム部門講演会, (2015).
  8. 村松慶一, 木見田康治, 石井隆稔, 根本裕太郎, 田中英一郎, 綿貫啓一, 松居辰則, 下村 芳樹: メンターと学習者の合意形成の表現に向けた発話内容の概念化の試み, 第29回人工知能学会全国大会, (2015), 1E5-OS-11b-3.
  9. 篠田寛志, 綿貫啓一, 楓和憲, 村松慶一: 単色光LED を組み合わせた演色性可変光源システムの開発, 日本設計工学会2015年度春季研究発表講演会, (2015), A06.
  10. 村松慶一, 方思源, 田中英一郎, 綿貫啓一, 松居辰則: 多色配色に対する潜在的態度と顕在的態度の比較, 第17回日本感性工学会大会, (2015).
  11. 村松慶一, 方思源, 田中英一郎, 綿貫啓一, 松居辰則: 多色配色に対する潜在的態度としての嗜好に関する実験的検討, 日本色彩学会第46回全国大会, (2015).
  12. 青木三枝, 村松慶一, 松居辰則: 視覚的イメージの伝達コミュニケーションにおける感覚モダリティの関連構造分析によるオノマトペの意味構造の考察, 第17回日本感性工学会大会, (2015), D62.
  13. 内藤彗, 牧野圭佑, 村松慶一, 松居辰則: ビデオ通話における話者同士の距離感を近づけるための振動付与アプリケーションの開発, 第17回日本感性工学会大会, (2015), F33.
  14. 竹花和真, 田和辻可昌, 村松慶一, 松居辰則: 学習時における学習者の生体情報と心的状態の関係の形式化の試み, 第74回先進的学習科学と工学研究会, B501-7, (2015), pp.34-39.
  15. 方思源, 村松慶一, 松居辰則: 「人工感性」システムの実現を指向した多色配色の美的感性をもつ計算モデルの構築, 第29回人工知能学会全国大会, (2015), 4J1-3.
  16. 田和辻可昌, 村松慶一, 松居辰則: 生理指標に着目した擬人化エージェントの顔画像提示時間の違いが情動反応に与える影響, 第29回人工知能学会全国大会, (2015), 3D4-3.
  17. 桶原葵, 田和辻可昌, 村松慶一, 松居辰則: 人が表出する特徴的キューのエージェントへの応用に対する考察, 第29回人工知能学会全国大会, (2015), 3D3-3.
  18. 藤野直輝, 小島一晃, 田和辻可昌, 村松慶一, 松居辰則: テーマパーク来場者に対する満足度向上に向けた混雑情報提供法の検討, 第29回人工知能学会全国大会, (2015), 1D2-4.
  19. 淺賀裕介, 綿貫啓一: ものづくり模倣学習における身体知獲得過程の脳賦活反応解析, 第16回計測自動制御学会, システムインテグレーション部門講演会, (2015), 3L2-5.
  20. 白澤和樹, 綿貫啓一, 侯磊: NIRSを用いた運動イメージに対する視覚的バイオフィードックトレニングの効果, 計測制御学会第16回システムインテグレーション部門講演会(SI2015), (2015), 1N3-2.
  21. 楢崎仁, 池条清隆, 永村和照, 田中英一郎, 井上祥太郎: 歯先修整を施した平歯車の摩耗, 日本設計工学会中国支部講演論文集, No.32, (2015), pp.11-15.
  22. 田中英一郎, 村松慶一, 綿貫啓一, 三枝省三, 弓削類: インクルーシブデザインを用いた歩行補助機の開発, 第33回日本ロボット学会学術講演会, (2015).
  23. 田中英一郎, 村松慶一, 綿貫啓一, 三枝省三, 弓削類: 歩行・起立・立位補助機の開発, LIFE2015, (2015).
  24. 田中英一郎, 丹羽涼介, 大澤一貴, 中島けやき, 村松慶一, 綿貫啓一, 三枝省三, 弓削類: 高齢者運動促進用動作補助機の開発, 日本機械学会2015年度年次大会講演論文集, (2015), S1180102.
  25. 根本良三, 田村恵万, 瀬山夏彦, 田中英一郎: 低圧力角がねじ歯車の負荷特性に及ぼす影響, 日本機械学会2015年度年次大会講演論文集, (2015), S1120502.
  26. 田中英一郎, 村松慶一, 綿貫啓一, 三枝省三, 弓削類: 歩行補助機の実用化に向けた開発および評価, 日本機械学会第25回設計工学・システム部門講演会, (2015), 2307.
  27. 田中渉, 田中英一郎, 村松慶一, 綿貫啓一: 高齢者運動促進用足関節動作補助機における過負荷防止機構の開発, 関東学生会第55回学生員卒業研究発表講演会, (2016), Paper No.710.
  28. 大澤優輔, 田中英一郎, 村松慶一, 綿貫啓一: 二次元感情マップに基づく歩行促進手法の提案, 関東学生会第55回学生員卒業研究発表講演会, (2016), Paper No.713.
  29. 岡部健太, 綿貫啓一, 楓和憲, 侯磊, 村松慶一: 近赤外分光法を用いた自動車運転時の眠気評価, 日本機械学会情報・知能・精密機器部門講演会講演論文集 (IIP2016), (2016), G-1-3.
  30. 荒川雄太, 綿貫啓一, 楓和憲: 前頭前野における脳賦活を用いた水平方向振動乗り心地評価, 日本機械学会情報・知能・精密機器部門講演会講演論文集 (IIP2016), (2016), G-2-4.
  31. 足立新伍, 綿貫啓一, 楓和憲: 視覚情報を介したジェスチャインターフェイスにおける三次元ポインティング時間の視点位置による評価, 日本機械学会情報・知能・精密機器部門講演会講演論文集 (IIP2016), (2016), G-2-2.
  32. 白澤和樹, 綿貫啓一, 侯磊: NIRSを用いた運動イメージに対する視覚的バイオフィードバックトレーニングの効果(運動イメージと実運動との比較), 日本機械学会情報・知能・精密機器部門講演会講演論文集 (IIP2016), (2016), G-2-3.
  33. 陳献平, 綿貫啓一: ジェスチャ型日本語入力インターフェイスの開発, 日本機械学会情報・知能・精密機器部門講演会講演論文集 (IIP2016), (2016), G-3-2.
  34. 村松慶一, 田中英一郎, 綿貫啓一: 設計行為に関する知識共有に向けた設計対象の概念記述, 次世代産業システム研究会, 電気学会, (2016), IIS-16-009.
招待講演
  1. K. Watanuki: Near-Infrared Spectroscopy Measurement Technique of Brain Activity and Its Application to Human-Machine Interfaces, 2015 JSME-IIP/ASME-ISPS Joint International Conference on Micromechatronics for Information and Precision Equipment, Workshop “Frontier technologies leading advanced information society”, (2015).
  2. 綿貫啓一: 生活の質の向上のためのヒューマンインターフェイス技術, 日本機械学会2015年度年次大会基調講演, (2015), No. 15-01.
  3. M. Hagino, H. Miura, N. Kimura, K. Watanuki: Driver’s Recognition of Head-up Display (HUD) as Information Provision System, SIGGRAPH ASIA 2015, Workshop on Head-Up Display and their Applications, (2015).
  4. K. Watanuki:Noninvasive Technique for Measuring Brain Activity and Its Application to Human-Machine Interfaces Design for Improving Quality of Life, Proceeding of the 2015 Asian Conference on Design and Digital Engineering (ACDDE2015), Abstracts, No. 15-211, (2015), pp.8-9.
  5. 田中英一郎: レーザ反射光を用いた歯車歯面の異常診断, 第3回診断・メンテナンス技術に関する研究会, 日本機械学会, (2015).
  6. E. Tanaka: Development of Life Support Devices Using Inclusive Design, 基調講演, The 6th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology (ICMDT 2015), (2015).
著書
  1. 綿貫啓一(訳・分担): エンジニアリングデザイン 工学設計の体系的アプローチ 第3版, 第4章, 森北出版, (2015), pp.133-152.
資料・解説等
  1. 綿貫啓一: 埼玉大学における医工連携の取り組み事例, さいたま医療ものづくりフォーラム2015, (2015), pp.1-11.
  2. 綿貫啓一: ものづくり技能伝承と脳科学, 明治大学先端数理科学インスティチュート現象数理学研究拠点「共同研究集会」, (2015), pp.1-43.
  3. 綿貫啓一: スマートコミュニティ創生に向けたSQOL技術開発~地域特性を活かしたスマート化と技術開発~人に優しい医療・福祉・介護機器のためのヒューマンインターフェイス技術, 首都圏西部スマートQOL技術開発地域シンポジウム2015, (2015), pp.1-12.
  4. 綿貫啓一: 埼玉大学における産学官連携の取組み事例, 平成26年度関東・甲信越地区及び東京地区実践セミナー(産学連携の部), (2015), pp.1-14.
  5. 綿貫啓一: 高齢社会に対応した医療・福祉機器のHMI/BMIの研究開発事例, 日台産業協力架け橋プロジェクトセミナー, (2015), pp.1-69.
  6. 綿貫啓一: 人に優しい医療・福祉・介護機器のためのヒューマンインターフェイス技術, ライフノベーションセミナー, (2015).
  7. 綿貫啓一: 鋳造設備研究部会活動報告, 日本鋳造工学会鋳造設備研究部会研究報告115, (2015), p.1-6.
  8. 綿貫啓一: ものづくり技能伝承とその脳科学的解明, 日本鋳造工学会鋳造設備研究部会研究報告115, (2015), p.48-51.
  9. 綿貫啓一: 技能伝承とイノベーション, 日本機械学会誌, 2015年3月号, Vol.118, No.1156, (2015), pp.130-131.
  10. 綿貫啓一: 研究室紹介 ヒューマンインターフェイス(綿貫)研究室, 設計工学, Vol.50, No.10, (2015), p.43.
  11. 綿貫啓一: 研究室紹介 アンビエント・モビリティ・インターフェイス研究センター, 設計工学, Vol.50, No.10, (2015), p.44.
  12. 綿貫啓一: 感性認知支援領域における研究成果, 埼玉大学大学院理工学研究科戦略的研究部門研究報告会, (2015).
  13. 田中英一郎: 国際会議論文抄録集(2014 International Gear Conference), 日本機械学会イノベーションセンター研究協力事業委員会, RC261 歯車装置の設計・製造・評価における技術の高度化に関する調査研究分科会, (2015), p. 38, 67, 68.
  14. 田中英一郎: レーザ反射光を用いた簡易型歯車歯面自動異常診断, 設計工学, Vol.50, No.6, (2015), pp.274-279.
  15. 田中英一郎: 「インクルーシブデザインによるライフサポート機器の開発」, 第3回ライフイノベーションセミナー, 埼玉大学AMI研究センター, (2015).
  16. 田中英一郎: 「リハビリにおける介護者の軽労化(持ち上げ動作と歩行・上肢作業・起立訓練補助)」軽労化研究会, 第22回定例会, (2015).
  17. 綿貫啓一: 産学連携による新たな産業の創出に向けて~ヘルスケア産業の成長性と展望について~, さいたま商工会議所会報誌「さいBiz」2016年1月号, (2016).
  18. 綿貫啓一: 研究室紹介 埼玉大学大学院理工学研究科人間支援・生産科学部門ヒューマンインターフェイス研究室, トライボロジー2016年2月号, No.342, (2016).
  19. 綿貫啓一: 人に優しい医療・福祉・介護 機器のための IoTおよびヒューマンインターフェイス技術, ライフノベーションセミナー, (2016).
  20. 綿貫啓一: 非侵襲脳機能計測技術および人に優しいHMI/BMI設計への応用, 豊橋技術科学大学ロボットセンター第21回研究会, (2016).
  21. 綿貫啓一: 遠隔医療・ヘルスケア支援のための非侵襲生体情報計測およびヒューマンインターフェイス研究開発, 埼玉大学・自治医科大学医工連携合同シンポジウム, (2016).
  22. 綿貫啓一: 安全・安心・快適な社会スマートコミュニティの創生とSQOL技術開発~産学官金連携によるスマートQOL技術の創出と地域課題解決~高齢化社会に対応した高度医療・福祉・介護システムの開発, 首都圏西部スマートQOL技術開発地域シンポジウム2016特別講演, (2016).
  23. 綿貫啓一: VR技術を用いたものづくり技能伝承およびその脳科学的評価, 神戸大学統合研究拠点3次元可視化システムを活用した文理融合研究プロジェクト第1回シンポジウム「3D・VR空間における研究は何をもたらすか?」, (2016).
  24. 綿貫啓一: VR技術を用いたものづくり技能伝承および人材育成, 平成27年度金沢市産学連携・先端ものづくり技術交流セミナー(第6回)「VR技術の産業応用への展開」, (2016).
受賞
  1. 内藤彗, 村松慶一, 松居辰則: 第16回日本感性工学会大会優秀発表賞, (2015).
  2. K. Muramatsu, K. Kimita T. Ishii, Y. Nemoto, E. Tanaka, K. Watanuki, T. Matsui, Y. Shimomura: Ontological Descriptions of Receiver States for Sharing Knowledge in Learning Service Design, Best Paper Award in The 4th International Conference on Design and Concurrent Engineering (iDECON 2015), (2015).
  3. 楓和憲, 綿貫啓一: 日本設計工学会2015年度秋季大会研究発表講演会優秀発表賞, (2015).
  4. 白澤和樹, 綿貫啓一, 侯磊: NIRSを用いた運動イメージに対する視覚的バイオフィードックトレニングの効果, 計測制御学会第16回システムインテグレーション部門講演会(SI2015)優秀講演賞, (2015).
報道
  1. 弓削類, 埼玉大: 歩行支援 ロボの技, 朝日新聞中国版, 2016年2月6日発行.
  2. 綿貫啓一: IoTによる感性認知支援技術, 埼玉新聞サイ・テクこらむ 知と技の発信, No. 229, (2015), pp. 7.
  3. 綿貫啓一,大志茂純:遠隔操作型マニピュレータ開発, 日刊工業新聞,2016年2月19日
  4. 綿貫啓一:メリクロンマニピュレータ, 化学工業日報,2016年3月22日
  5. 田中英一郎: 使用者目線の補助機器開発, サイ・テクこらむ, 知と技の発信, 220, 埼玉新聞, 2015年7月1日発行, http://www.saitama-u.ac.jp/rikogaku/jp/column/saiteku-220. pdf
  6. 田中英一郎, 弓削類: 歩行補助ロボ, 重さ1キロ, 日本経済新聞埼玉版, 2015年11月25日発行.
  7. 田中英一郎, 弓削類: スペースバイオラボラトリーズ, 埼玉大とスペース・バイオ, 足首に装着して歩行補助する超小型軽量ロボット開発, 日刊工業新聞, 2015年11月30日紙面とホームページ発行, http://www.nikkan.co.jp/articles/view/00366254
  8. 田中英一郎: 国際ロボット展の中でリゲイトの紹介とアナウンサー装着によるスタジオでの紹介, みんなのニュース, フジテレビ, 2015年12月2日放送.
  9. 弓削類, 田中英一郎: スペースバイオラボラトリーズ, 歩みサポート 装置来春発売, 中国新聞, 2015年12月4日発行.

2014年度

査読付きジャーナル論文
  1. E. Tanaka, S. Saegusa, Y. Iwasaki, L. Yuge: Development of an ADL Assistance Apparatus for Upper Limbs and Evaluation of Muscle and Cerebral Activity of the User, Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing, Vol. 8, No. 2, (2014), pp. 1-15.
  2. 高松美也子, 村松慶一, 松居辰則: 音訳表現における伝達支援のための「間(ま)」の形式化の試み―時間的間隔の「間(ま)」に関する実験的検討―, 日本感性工学会論文誌, Vol.13, No.5, (2014), pp.579-589.
  3. 小島一晃, 村松慶一, 松居辰則: 多肢選択問題の回答における視線の選択肢走査の実験的検討, 教育システム情報学会誌, Vol.31, No.2, (2014), pp.197-202.
  4. 高松美也子, 村松慶一, 松居辰則: 音訳意図が反映される「間(ま)」の特徴の定量化の試み, 日本感性工学会論文誌, Vol.14 No.1, (2015), pp.181-190.
  5. 村松慶一, 田原紫, 齋藤美穂, 松居辰則: 通様相性に基づいた五感の心理的属性に関するオントロジー記述, 日本感性工学会論文誌, Vol.14 No.1, (2015), pp.163-172.
  6. 青木三枝, 村松慶一, 松居辰則: 視覚的イメージの伝達コミュニケーションにおけるオノマトペと感覚モダリティの関連構造分析, 日本感性工学会論文誌, Vol.14 No.1, (2015), pp.145-153.
  7. S. Fang, K. Muramatsu, T. Matsui: Experimental Study of Aesthetic Evaluation to Multi-color Stimuli Using Semantic Differential Method: Towards the Construction of an Artificial KANSEI System, Transactions of Japan Society of Kansei Engineering, Vol.14 No.1, (2015), pp.37-47.
  8. 村松慶一, 戸川達男, 小島一晃, 松居辰則: 色彩感情に係る心理的属性のオントロジー, 人工知能学会論文誌, Vol.30, No.1, (2015), pp.47-60.
査読付き国際会議論文
  1. K. Watanuki, L. Hou, Y. Kondou: Evaluation of Human Thermal Comfort Using Near-infrared Spectroscopy: Proceedings of ASME 2014 International Design Engineering Technical Conference & Computers and Information in Engineering Conference (ASME IDETC/CIE 2014), (2014), DETC 2014-35430.
  2. K. Kaede, K. Watanuki: Haptic Feedback by One-way Resisting Torque to Assist Manipulation of Control Input with a Lever, Proceedings of the 3rd International Conference on Design Engineering and Science, (2014), pp.TS-2(1)-3.
  3. K. Watanuki, K. Kaede, L. Hou: VR Mediated Skills Transfer and Engineering Education, Proceedings of the 7th International Conference Business and Technology Transfer (ICBTT2014), No.14-205, (2014), pp.99-108.
  4. E. Tanaka: Assistance Apparatuses for the Elderly, Patients, and Care Workers by Inclusive Design, Proceedings of the 14th Mechatronics Forum International Conference (Mechatronics 2014), (2014).
  5. E. Tanaka, T. Suzuki, S. Saegusa, L. Yuge: Walking Assistance Apparatus Able to Select the Control Method According to the Purpose ofthe User, Proceedings of 14th International Symposium on Robotics and Applications (ISORA 2014), the World Automation Congress 2014 (WAC2014), (2014).
  6. E. Tanaka, S. Saegusa, Y. Iwasaki, L. Yuge: Development of an ADL and Neuro-Rehabilitation Assistance Apparatus for Upper Limbs and Evaluation of Muscle and Cerebral Activity, Proceedings of 14th InternationalSymposium on Robotics and Applications (ISORA 2014), the World Automation Congress 2014 (WAC2014), (2014).
  7. E. Tanaka, S. Saegusa, Y. Iwasaki, L. Yuge: Development of an ADL Assistance Apparatus for Upper Limbs and Evaluation of Muscle and Cerebral Activity, Proceedings of the ASME 2014 International Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference (IDETC/CIE 2014), (2014), DETC2014-34914.
  8. E. Tanaka, K. Nakajima, Y. Kojima, K. Okabe, H. Takebe, K. Nagamura, K. Ikejo, R. Nemoto: Easy Set-up and In Situ Automatic Gear Diagnostic System Using Laser Beam Reflection (Development of a New Method Enables to Remove Effects of the Rotational Fluctuation Instead of Rotary Encoder), International Gear Conference, (2014), pp. 1110-1119.
  9. E. Tanaka, T. Hatsukari, N. Miyake: Development of a Standing up Assistance Apparatus Dealing with Body Trunk Motion and the Center of Gravity Trajectory, (SICE2014), (2014).
  10. K. Muramatsu, T. Matsui: Ontological Descriptions of Statistical Models for Sharing Knowledge of Academic Emotions, Proceedings of the 22st International Conference on Computers in Education (ICCE2014), (2014), pp.42–49.
  11. K. Muramatsu, T. Matsui: Structural Comparison of Impression about a Character-Agent Derived from User Empathy, Proceedings of the Kansei Engineering and Emotion Research International Conference 2014 (KEER2014), (2014), p.473-480.
  12. Y. Tawatsuji, K. Muramatsu, T. Matsui: Proposal for the Model of Occurrence of Negative Response toward Humanlike Agent Based on Brain Function by Qualitative Reasoning, In Proceedings of HCI Internationl 2014 (HCII2014), LNCS Vol. 8511, (2014), pp.768-778.
招待論文
  1. 綿貫啓一: 脳機能計測技術およびそのヒューマン・マシン・インターフェイスへの応用, シミュレーション, 33, No.2, (2014), pp.80-89.
講演会発表論文
  1. 綿貫啓一, 田邉広大, 楓和憲, 侯磊: 旋盤作業のバーチャルトレーニングにおける視覚及び力覚情報を有する切削状況の提示, 日本設計工学会2014年度春季研究発表講演会, (2014), A08.
  2. 侯磊, 綿貫啓一: NIRSを用いたバーチャル旋盤加工時における脳賦活反応計測(視覚刺激に対する脳賦活反応解析), 日本機械学会2014年度年次大会講演論文集, No.14-1, (2014), J1230106.
  3. 丹下和哉, 侯磊, 綿貫啓一: NIRSを用いた音楽聴取時の脳賦活反応解析, 日本機械学会2014年度年次大会講演論文集, No.14-1, (2014), S1110103.
  4. 大谷成子, 綿貫啓一, 小島俊雄, 瀬渡直樹, 小林秀雄: 加工事例の画像処理による加工支援の試み, 日本機械学会2014年度年次大会講演論文集, No.14-1, (2014), S1130105.
  5. 侯磊, 綿貫啓一, 外池雄亮: NIRS を用いた局所温冷刺激に対する脳賦活反応解析(冷刺激により痛覚刺激が生じた際の脳賦活反応), 日本機械学会第24回設計工学・システム部門講演会講演論文集, (2014), 1301.
  6. 楓和憲, 坂井田千摩, 綿貫啓一: タッチパネルおよびジャイロスコープを用いた多関節マニピュレータの無拘束遠隔操作システムの開発, 日本機械学会第24回設計工学・システム部門講演会講演論文集, (2014), 1407.
  7. 田中英一郎, 鈴木雄大, 三枝省三, 弓削類: 使用者の目的に応じて制御手法を選択可能な歩行補助機の開発, 日本機械学会第14回機素潤滑設計部門講演会論文集, (2014), pp. 117-120.
  8. 田中英一郎, 鈴木雄大, 三枝省三: 弓削類, 段差・斜面に対応可能な脚部非拘束式歩行補助機の開発と筋活動評価, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2014, (2014), 1P1-A01.
  9. 田中英一郎, 初雁卓郎, 三宅徳久: 仰臥位に変形可能な体幹前傾式起立補助機の開発, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2014, (2014), 1P2-A01.
  10. 田中英一郎, 三枝省三, 岩崎泰雄, 弓削類: 腕を載せて使用する作業補助機の開発と筋活動および脳活動評価, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2014, (2014), 3P2-D02.
  11. 田中英一郎, 岩崎泰雄, 三枝省三, 弓削類: 持ち上げ動作を補助するゴムベルトスーツの開発と筋活動評価, 日本機械学会2014年度年次大会講演論文集, (2014).
  12. 中島けやき, 小島佑太, 渡邉俊樹, 田中英一郎: 現場で容易に構築可能なレーザ反射光計測式歯車損傷自動診断システム, 日本機械学会2014年度年次大会講演論文集, (2014).
  13. 村松慶一, 田原紫, 齋藤美穂, 松居辰則: 通様相性に基づいた五感の心理的属性に関するオントロジー記述, 第16回日本感性工学会大会, (2014), A23.
  14. 青木三枝, 村松慶一, 松居辰則: 視覚的イメージの伝達コミュニケーションにおけるオノマトペと感覚モダリティの関連構造分析, 第16回日本感性工学会大会, A24 (2014).
  15. 高松美也子, 村松慶一, 松居辰則, 音訳意図が反映される「間(ま)」の特徴の定量化の試み, 第16回日本感性工学会大会, (2014), B42.
  16. S. Fang, K. Muramatsu, T. Matsui: Experimental Study of Aesthetic Evaluation to Multi-Color Stimuli Using Semantic Differential Method – Towards the Construction of an Artificial Kansei System, 第16回日本感性工学会大会, (2014), B43.
  17. 内藤彗, 村松慶一, 松居辰則: 振動と音声の付与による映像の印象変化に関する構造分析, 第16回日本感性工学会大会, (2014), C12.
  18. 松居辰則, 川島舞, 村松慶一, 小島一晃, 齋藤美穂: 遺伝的アルゴリズムを用いた一人暮らしの大学生の居住空間におけるインテリア配色提案システムの構築, 第16回日本感性工学会大会, (2014), C32.
  19. 藤野直輝, 小島一晃, 村松慶一, 松居辰則: 集団意思決定を考慮した歩行者の挙動に関するシミュレーションモデルの構築: テーマパークにおいて混雑情報を提供した際のマルチエージェントシミュレーション, 第13回情報科学技術フォーラム, (2014), O-011.
  20. 村松慶一, 松居辰則: 学習行為に関わる感情の構造的理解に向けた評定尺度の体系化の試み, 第71回先進的学習科学と工学研究会, SIG-ALST-B401-02, (2014), pp.9-12.
  21. 田和辻可昌, 村松慶一, 松居辰則: 定性表現を用いた人型エージェントの目の形態的特徴が人間の情動状態に与える影響の理論的検討, 第71回先進的学習科学と工学研究会, SIG-ALST-B401-04, (2014), pp.17-22.
  22. 田和辻可昌, 村松慶一, 松居辰則: 脳機能の定性的記述を用いた人型エージェントに対する情動評価の時系列的変化モデルの提案, 第28回人工知能学会全国大会, (2014), 1E3-1.
  23. 村松慶一, 小島一晃, 松居辰則: 学習行為に関わる感情構造の統一的記述に向けたオントロジー記述の試み, 第28回人工知能学会全国大会, (2014), 4D1-3.
  24. 高野凛, 綿貫啓一, 楓和憲: 非接地型力覚呈示装置を用いた力覚型ナビゲーションのための呈示パターンの比較, 日本機械学会関東学生会第54回学生員卒業研究発表講演会, (2015), 1316.
招待講演
  1. 綿貫啓一: バーチャルトレーニングおよびOJTによる技能伝承過程の脳科学的解明, 電気学会平成26年全国大会シンポジウム, 企業と教育の現場における技術継承と訓練システム, S25, (2014), S25-3.
  2. 綿貫啓一: 地元の強みを活かしたものづくり, 日本機械学会第24回設計工学・システム部門講演会市民フォーラム とくしま知恵祭り2014, (2014).
  3. 綿貫啓一: バーチャルトレーニングと工場実習を融合した旋盤加工実習の実践事例, 平成26年電気学会産業応用部門大会JIASC2014, (2104).
  4. 綿貫啓一: 非侵襲脳機能計測技術とそのHMI設計への応用, 日本機械学会2014年度年次大会講演論文集, 先端技術フォーラム, (2014), F111004.
  5. 綿貫啓一: 安全・安心・快適な空間や移動の実現を目指した感性認知支援技術, 日本機械学会2014年度年次大会講演論文集, 先端技術フォーラム, (2014), F121004.
  6. K. Watanuki: Noninvasive Measurement Technique of Brain Activity and Its Application to Human-Machine Interfaces, ASME IMECE2014 Plenary Presentation, (2014).
  7. 綿貫啓一: バーチャルトレーニングと実習を融合したものづくり教育の実践事例, 第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SICE SI2014), 1E1「メカトロ教育のシステムと要素技術」, (2014).
資料・解説等
  1. 綿貫啓一: ロボットの歴史, 埼玉県立浦和北高等学校講義, (2014), pp.1-18.
  2. 綿貫啓一, 楓和憲, 侯磊: バーチャルリアリティ技術を用いた匠の技の伝承, 埼玉県立浦和北高等学校講義, (2014), pp.1-21.
  3. 綿貫啓一: 人に優しい医療・福祉・介護機器のためのヒューマンインターフェイス技術, 埼玉県次世代産業カレッジ, (2014), pp.1-36.
  4. 綿貫啓一: 埼玉大学における特色ある医工連携活動, さいたま医療ものづくり懇話会, (2014), pp.1-15.
  5. 綿貫啓一: 埼玉大学における産学官連携による研究開発事例, 日本機械学会関東支部埼玉ブロック講演会「コラボさいたま」, (2014), pp.1-35.
  6. 綿貫啓一: 技術・技能を伝承するロボット, 産学官連携セミナー in 埼玉大学未来の可能性を創造する「先端ロボット」, (2014), pp.1-13.
  7. 綿貫啓一: 非侵襲脳機能計測技術を用いた人に優しいヒューマンインターフェイス技術, 埼玉県経営者協会平成26年度埼玉大学研究開発フォーラム『研究開発の最前線を学ぶ』~生活の質を向上させるヒューマンインターフェイス先端技術~, (2014), pp.1-29.
  8. 綿貫啓一: 埼玉大学における特色ある医工連携活動, JST「我が国の未来を拓く地域の実現に関する調査研究」事業第1回検討会議, (2014), pp.1-11.
  9. 田中英一郎: 「歩行・起立・作業動作補助装置の開発」, 地域イノベ重点プロジェクト久保田WG研究会(第五回), (2014).
  10. 田中英一郎: 「インクルーシブデザインによるライフサポート機器の開発」, 未来の可能性を創造する『先端ロボット』産学官連携セミナーin埼玉大学, 埼玉大学, 埼玉りそな産業経済振興財団, 埼玉りそな銀行, (2014).
受賞
  1. 綿貫啓一: 日本機械学会技術と社会部門功績賞, (2014).
  2. K. Watanuki: ASME Award Valued Services in Advancing the Engineering Profession as a Plenary Speaker, The American Society of Mechanical Engineers (ASME), (2014).
PAGETOP